JAてんどうの新着情報

2018.08.26

家畜の御霊を供養 獣魂慰霊祭

家畜の御霊を供養
獣魂慰霊祭

  8月26日、家畜の御霊を供養するため平成15年に建立された慰霊碑のある天童市田麦野地区の天童高原で獣魂慰霊祭を行いました。

 畜産農家、市、JAの役職員ら約30人が参加。髙瀧山光明院の滝口廣尊主が家畜への感謝を込め神事が執り行われ、金平芳己代表理事組合長、山本信治市長、赤塚幸一郎市議会議長、新関源衛畜産部会長が玉串を捧げました。

 金平芳己代表理事組合長は「飼料の高止まりや子牛の価格は安定したものの高い相場が続いているなど、依然として厳しい状況であります。今後においても、安全・安心で品質の良い畜産物の生産をするためにも家畜一頭一頭の御霊に感謝の念と祈りを捧げましょう」と挨拶しました。
ページトップへ