JAてんどうの新着情報

2018.11.28

強盗対応訓練 落ち着いて対応

強盗対応訓練
落ち着いて対応

 天童地区金融機関防犯協議会は11月28日、金融機関での強盗事件を想定した職員の対応訓練がJAてんどう本所で行われ、天童市内金融機関の関係者、天童警察署員、金融職員ら約50人が参加しました。 

 訓練では、犯人役の警察官が店舗内フロアにいた職員を人質にとり、窓口担当者を刃物で脅し、現金を奪って車で逃げたとの想定で行われました。犯人に気づかれないよう非常通報ボタンにより110番通報をした上で現金を渡し、逃走する犯人を職員がカラーボールを持ち追跡しました。この後、駆け付けた警察官に、犯人の身長や服装などの特徴を思い出しながら伝えました。職員は「犯人がナイフを突きつけてきて怖かった。いざという時は落ち着いて対応したい」と話していました。
 天童警察署生活安全課の髙橋直人課長は「犯人を刺激しないよう、落ち着いて対応することが大切。まずはお客様と自分の安全を優先し、できるだけ犯人の特徴を正確に憶えて、警察に伝えてほしい」と話していました。
ページトップへ