JAてんどうの新着情報

2020.02.06

令和2年度へつなげる

令和2年度へつなげる

 天童市農協果樹部会は2月6日、市内のホテルで令和元年度果樹部会総合反省検討会を開催しました。生産者、市場関係者、JA役職員ら約130人が出席。令和元年度の果樹栽培・販売の総括を行いました。

金平芳己代表理事組合長は「令和元年度は、春先の天候不順や降雹などの自然災害が多く発生し、農産物に大変大きな被害を受けてしまい厳しい年となりました。今日の反省検討会では、市場の動向や販売管理について学んでいただき、令和2年度の生産販売に繋がるようにお願いしたい」と挨拶。

市場担当者からは、令和元年度の状況が伝えられたあと、「自然災害に負けない、強い農産物の生産を行ってほしい」と要望が出されていました。

その後、元年度の果樹栽培の統括や販売実績が報告され、元年度の反省を糧に2年度へ向けて一致団結しました。

ページトップへ